2005/03/25

国家公務員/国際 公務員と「私」

FASIDの秋山です。今ワシントンから書いています。国か個人化という問題ですが、文化、歴史的な影響で、ほとんどの日本人には、「個人」という概念がないと思います。そもそも国家とは個人からなっているという考えが大事だと思います。国家公務員の場合、あまりにもすごい減点主義が個人が自分の意見を言うメリットが何もないということ、また、ほかの人がそのようなことをAppreciateしないことなどがあるでしょう。また日本の学校では、ただ先生の意見を聞くという授業形態があり、自分の意見をきちんと言う訓練を受けていないということもあります。

それでも30年前とは多少変わってきているのではないでしょうか。少なくとも私のように30年以上欧米で働いてきた人間が日本でもは少なくともこの3年以上働けたということは日本も変わったのでしょう。まだまだ少人数ですが、このままではまずい、もっと新しいことを考える人間が必要と言う要望があるからでしょう。日本での会合でもはっきりと論理だてて自分の意見を言う人が「できる人」とみなされるようになってきていると思います。ただし、このような変化に役所は一番遅れているのではないでしょうか。このためキャリアでも役所を辞める人が増えているそうです。

私は昔の帰国子女なので小さいときからこのようなことを考えてきたので、長々と書いてしまいました。

秋山

0 Comments:

Post a Comment

<< Home


Click Here