2005/04/10

日本の役割と国益と課題

田瀬さん、柴田です。

総合的なコメントをありがとうございました。

それから、西田さんのコメントにも裨益されましたので、併せてお礼申し上げます。

田瀬さん:

> 日本はさまざまな経験を通じ成長してきていると思います。日本人である私の価値観を客観的に見れば、いかなる社会でも通用する成熟したものであると自負します。歴史的背景、近隣諸国との関係、安全保障上の物理的制約などはあっても、単に物事をお金だけで解決すべきとは思っていないし、軍事的措置の前にやるべきことは山ほどあることを知っているし、最終的には武器を必要としない平和な世界を希求している点でも、日本とその人々の考え方は、ある意味で非常にバランスのとれたものと思われ、これを安保理を含む国際的な議論の場でパッケージにして出していくことには、私は大きな躊躇は感じません。特に安保理の機能が従来の軍事的安全保障から拡大されつつある今、日本が貢献できることは多いはずです。
>
> 問題はこうした価値観や規範を打ち出し議論をリードする意気込みと技術(特に概念をパッケージ化するマーケティング技術)において、あまりに課題が多いという点かと思います。
> 語学力や個人の能力という点もあるだろうし、制度的にも不十分なところがたくさんあります。例えば官僚制度においては担当者が2年おきぐらいにクルクルと替わります。その結果国際社会から信頼される専門家を養成するような体制には残念ながらなっていません。私が携わっている「人間の安全保障」もその例といえ、日本の数少ない知的貢献とされていますが、このイニシアティブを最初から一貫して見ているのは緒方貞子さんという知的巨人お一人であり、どうしてもその力量に政府がぶら下がってしまっている状況があります。
> なんとかせねば。安保理はもっとたいへんだと思います。

私達は、今回の愛・地球博で、市民の学習の場として、緒方さんをキーパーソンとする「地球平和フォーラム」(7月9日開催)と
http://www.expo2005.or.jp/jp/N0/N2/N2.1/N2.1.114/
それを取り囲む形で市民プロジェクト群平和へのハーモニー・地球市民フォーラム他3プロジェクト(7月8-10日開催)
http://www.expo-people.jp/projectlog/details/project_details.php?pid=23
を準備しています。その関係で、短時間でしたが、JICA理事長室で緒方さん直々のご指導も頂きました。時たまですが、難しい局面に遭遇したときは、緒方貞子氏、アマルティア・セン教授(人間の安全保障委員会共同議長)の昼食会記録
http://www.comtv.ne.jp/j/m23.htm
で彼女の仕事振りの一端に触れることを活力剤にしております。

西田さん:
http://groups.yahoo.co.jp/group/nyunforum/message/229

> 役所というものは、何処もそうかもしれませんが、自ら進んで他と組むことにはどうしてもためらいが伴うように見えますね、傍で見ていると。最低限、枠を超えて想像力が更に高まるというような事例を目撃した体験は(役人とのつきあいがあまり多くないこともあり)ごくごく稀有です。解決のキーワードは衆知、かもしれません。

同感です。私は定年まで大企業に勤めましたが、本質的には企業も同様です。国税庁から転職して来た友人は、国税庁よりももっと官僚的だと、冗談を言っていたほどです。閑話休題。

たまたま、昨年11月26日に、私の地元名古屋のUNCRDが異分野間協力の試みとして「人間の安全保障に関して政府機関、援助機関、NGOと国連との相互連携を探る初会合」
http://www.uncrd.or.jp/ja/press/2004/eao_04_005.htm
を開催したとき、私も幸い、同じ市民プロジェクトの代表と共に出席し、良い勉強ができました。例えば、外務省国際社会協力部政策課の和田潔課長補佐も、良い発表をしてくださいました。

私達のシンポジウムでは、市民サイドから、UNCRDの小野川所長の努力を支援する応援団を作ろうとしているのですが、当然ながら並な努力で成功するはずもないし、小野川さんも常識ある市民も、相手にしてくれません。

しかし、今回の国連改革提案や
http://www.un.org/secureworld/
ESDの実施企画書
http://portal.unesco.org/education/admin/file_download.php/
draftFinal+IIS.pdf?URL_ID=36026&filename=11104520073draftFinal_IIS.pdf
&filetype=application%2Fpdf&filesize=854010&name=draftFinal+IIS.pdf&location=user-S/

を読むと、
> 解決のキーワードは衆知、かもしれません。
という想定も、まんざら荒唐無稽ということではなさそうに思われてきます。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home


Click Here