2005/07/25

東京オフ会に出席して/援助は現場で起きている

NY国連フォーラム及びDC開発フォーラムの皆様、

オフ会幹事をしておりました国連フォーラム幹事の荒川と申します。

先日はお忙しい中、参加して下さった皆様、どうもありがとうございました!予想を大きく上回る数の方にお集まりいただいたおかげで、会が盛況に終わり、幹事の1人として、とても嬉しく思っております。この場をお借りしまして、ご協力いただいた皆様に私からも御礼の言葉を申し上げます。

一次会及び二次会ともに、肩書きや年齢などの壁を越えて、共通する関心の元に集まった方々が、活発な意見交換を行える場となっていたように思います。「壁」を越えて人を繋ぐインターネットの利点を生かした両フォーラムの活動の意義を改めて感じることの出来た一晩でした。

その一方で、私もよしはらさんや大島さんと同様、人と人が顔を合わせることや場を共有することの大切さを改めて感じました。顔を合わせたことで、参加していただいた皆様にはメーリングリストも、より身近な存在になったのではないでしょうか。

受付等をしていたため、残念ながら、全ての方の自己紹介を伺うことができなかったのですが、伺った方々の自己紹介はそれぞれの方の個性が出ていて、大変勇気付けられる印象的な自己紹介ばかりでした。特に、若い方々が、目を輝かせながら、ご自身について、語られていたことが心に強く残っています。

今後も定期的にニューヨークやワシントンDC以外の場所でも、このような機会を継続していけたら、新たな出会いや新しい価値観が生まれるきっかけにつながるのではないかと思いました。

末尾になりますが、一番最初に合同オフ会を提案して下さったワシントンDC開発フォーラム幹事の嶋影さん、大島さん、そして、両フォーラムの幹事を兼任されている粒良さん、どうもありがとうございました!
私自身もこれから開発を勉強する一人として、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。本当にどうもありがとうございました。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

荒川麻衣子
ニューヨーク国連フォーラム幹事/ウェブ担当

0 Comments:

Post a Comment

<< Home


Click Here