2004/11/16

フィールドについて

初めて投稿致します。ピッツバーグ大学大学院で開発学を学んでおります、福元良江と申します。

2.フィールドについて

話が飛んでしまって大変申し訳ございませんが、私は一番最初のメールで久木田様がおっしゃっていた「・・・国連の仕事は世界中で行われています。国連の本当の姿を知ってもらうには現場から彼ら彼女らの生々しい報告も重要だと思います。・・・」という点に深く同意致しており、JPOの先輩、またJPOの先輩と限らずとも、大使館の方やNGO・バイ援助機関の方等、フィールドで現在働いていらっしゃる方々のお話も伺えたら個人的に大変嬉しく存じます。

私自身フィールド経験は、インターンをさせて頂きましたバングラデッシュ(ユニセフ)のごく短い期間だけで、まさに「フィールドを少しだけ、大変有り難くも見聞させて頂きました」というレベルで誠に恐縮ですが、ダッカで幸運にも出会えた尊敬するJPOの先輩達や大変お世話になりました大使館の方々の仕事振りや生活を間近で見させて頂いて、とても学ばせて頂きました。フィールドでは、普通に停電が1日に4回・5回と起きたり、そのたびにPCが切断され画面が真っ暗になって、作成していた文書が消えてしまったり、ネット環境も悪くインターネットの接続にアメリカやイギリスや日本では考えられないくらい時間がかかるか、すぐにメールチェック等が運良くできても、日本語のメールは読めない等、デジタルデバイドではございませんが、現代社会の重要な情報源であるインターネットひとつ取っても、いろいろと大変なのだということを感じました。なのでメールを投稿することすら、時間がかかってしまうことであったり環境によってはネット接続も難しいのかもしれないのですが、できましたらフィールドのさまざまなお話を聞かせて頂けましたら大変有り難く嬉しく存じます。私自身、現在は先進国におりますがダッカが地理上だけでなく気持ちの上でも遠くならないようにと思いながら、大学院で開発学の勉強をしております。

MLでさまざまなご意見を拝読させて頂くのは、大変有り難くいつも勉強させて頂いております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

ピッツバーグ大学大学院
福元良江

2 Comments:

At 12:21 AM, Blogger Team UN Forum said...

福元さん、

フィールドについてのコメントありがとうございます。ユニセフのインターンとしてまさに一番大切なことを学んできてくれたように思います。実は、この夏エチオピアの事務所にインターンとして紹介した利根川さんとも最近同じような話をしたばかりでした。インターンとして送り出したらそのまま職員に採用になってまだお話を聞いていない人もいますが、皆さんパワーを増して戻ってこられるようです。

私は、開発や人道問題などに携わる国連職員にとってフィールドでの経験は最も重要な原点だと思います。それは、私たちが解決しようとしている「問題」がそこにあるからです。その問題の本質を理解、分析し、対応策を考え、使命感を持って実施していくためには、現場に行くこと、そこで直接問題に接すること、複雑なコンテキストを理解しながらその問題の影響を受けている人々を知的なレベルだけではなく身体と感情レベルで理解することがなによりも大切だと思います。そこから、どうすれば地域や国や世界が変わっていけるのか考えるときに、効果的な仕事ができるのだと思います。世界を動かすには長い時間と知力と信念と実行力が必要です。それを支えてくれるのが、現場からの問題意識と信念、そしてそこから生まれるパワーだと思います。インターンを希望する人にフィールドをお勧めするのはまずはそれを体験してもらいたいからです。大学や大学院で受けた知的な訓練だけでは得られない、開発や人道問題へのホーリスティックな理解が可能になるからです。

フィールドに出ると不自由や危険が多くなりますが、現場にでるのが私は大好きです。特に首都を離れての現場は楽しくてたまりません。何日も粟のおかゆを食べたり、一晩中蚊に悩まされたりしても、それ以上に問題の本質や何が効果的で何がうまくいかないのかを、自分の目で見て身体で理解できるのは楽しいものです。大変な状況の中での元気な子どもたちの目や、マイクロ・クレジットでエンパワーされた村の女性の自信に満ちた顔など、ニューヨークに戻っても、現場での実例をもとにドナーや訪問者と話ができる時は、力がはいります。途上国の現場からパワーをもらって仕事をしているのだなあとよく思います。ニューヨークでの仕事は、現場から遠く離れていますが、福元さんがおっしゃるように現場からの問題意識と視点を忘れずに仕事をしたいと思っています。

皆さんといつかフィールドでお会いできるのを楽しみにしております。

久木田

 
At 4:33 PM, Blogger Team UN Forum said...

久木田様、福元様、皆様

ジョージワシントン大学で教育開発を勉強しております利根川佳子と申します。久木田さんからご紹介がありましたように、私はこの夏にユニセフのエチオピア事務所でインターンをしました。

私も今回のインターンシップで現場の視点をもつことの大切さを学びました。また、久木田さんがおっしゃっている「体と感情レベルでの理解による問題意識と信念」を得ることができたと思います。

今回のインターンシップは、私にとって初めてのフィールド経験でした。インターン中は、今まで勉強してきたことと現場とのギャップ、また適合性を見ることができたと思います。また、インターンシップ後は、勉強の中でも、実際の様々な状況が想像できるになり、更に現場の視点を持って考えるようになりました。フィールドでの経験後は、今まででしたら勉強していても見過ごしていたようなことも、問題意識を強くもつようになりましたし、理解も更に深まっている気がします。

また、私の場合、今まで、開発に興味を持って勉強してきたものの、実は実際の現場を知らないという不安がいつもありました。ですが、このフィールド経験を経て、自分が本当に開発の分野を勉強し、途上国に貢献できる仕事をしたいのだと心から思えるようになり、精神的に「健康」になれた気がします。まさに感情的な部分で学ぶことが多いインターンシップでした。

先月から、DC開発フォーラムの「地球に乾杯!NGO」で、今回のインターンの体験記をコラムにしております。もしよろしければ、ご覧ください。
http://e-ngo.cocolog-nifty.com/blog/2004/11/post_3.html

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

利根川佳子

 

Post a Comment

<< Home


Click Here